悪意ある風評被害に振り回されないためのインターネット対策

逆SEO対策をして企業のアピールをしよう

風評被害は対策が必要

インターネット上には、多くの風評被害が存在しています。小規模のお店や企業になるほど風評被害によるダメージは大きく、対策を施さなければビジネスに悪影響を及ぼします。

ホームページ活用

会社やお店をPRする手段の一つがホームページです。魅力的なホームページを制作することで、企業の興味を引くことができます。また、ホームページを活用すれば口コミの拡散にも繋がりやすいです。

動画を作成する

近年、動画サイトを利用する方が増えています。閲覧者だけでなく、実際に動画をアップロードして人気を博している方も多くいます。動画作成は、パソコンと編集ソフトがあれば誰にでも行なえます。

おすすめ

無責任な誹謗中傷

ごく簡単なことで対策が出来る

風評被害対策や誹謗中傷対策を行うことは、匿名性の高いインターネットであっても実はそれほど難しいことではありません。そもそも、風評被害対策や誹謗中傷対策は専門の法律家によってある程度確立されています。実際にその対応を取ると少し時間がかかりますが、匿名性の高い掲示板であっても相手を特定することが出来るため便利なのです。特に、風評被害対策や誹謗中傷対策はビジネスを行う上では避けては通れない対策です。匿名性の高いインターネットというツールがある限りは、風評被害対策や誹謗中傷対策を疎かにすることはできません。近年は、法律家を利用した方法で損害が生じたときに賠償を命じることも可能であるため対策をすることが大切なのです。

匿名性でも開示請求が出来る

匿名のインターネットの掲示板であっても、風評や誹謗中傷を書き込んだときには書き込んだ人物の情報を開示することができます。このような権利のことを情報開示権と言います。名誉毀損や侮辱罪は、それをされたものが親告をすることによって初めて犯罪として成り立ちます。そのため、実際に中傷を書き込んだ人物に対して制裁を与えたいときにはまずその親告をしなくてはいけません。弁護士にそのことを相談すると、必ず書き込んだ相手のプロバイダに対して情報の公開を求めることができるのです。これによって、実際に書き込んだ相手と話し合いをする事が出来るためそこで制裁を加えることも可能です。現在では、このような対策が増えているため早い段階で導入したほうが良いのです。